効率的な運指と曲の覚え方 講師 新田真一郎講師 新田真一郎
2018年2月20日
 

今日は運指とコードフォームを中心にレッスンしました。
楽譜を使って練習する時、どうしてもタブ譜に頼った練習になりがちです。
丁寧な楽譜なら左手の運指まで書いてあるのですが、大体の楽譜は押さえる場所だけが書いてあることが多いですよね。
運指に迷った時、弾きやすさで運指を選んでもいいのですが、その場所のコードフォームやスケールから運指を選んであげるとスムーズな運指が可能になり、タブ譜だけではなくコードからも曲を覚えることができるので、曲を忘れにくくなります。

コードを意識しながら曲を覚えると、似ているコード進行や運指が出てくる曲も演奏がしやすくなりアレンジやアドリブへの応用もできるようになります。オススメの練習方法です。